<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今後の出店情報

毎週土曜 町家朝市(姫路市材木町9)

3. 3 太陽大感謝祭(万博公園東の広場・大阪)
4.21 ピクニックピクニック2013(みなとの森公園・神戸三宮)
5.3 FM802 FUNKY MARKET(万博公園お祭り広場・大阪)
5.18-19 森の集い2013春(靭公園・大阪本町)
6.23 種・野菜・人マーケット(graf studio・大阪中之島)


旬の和野菜やイタリア野菜、丹精こめたお味噌などの加工品も。
ハリマ王にんにくなど、兵庫の在来種のお野菜たちがとくにおすすめです。
親子で参加できる土づくり・プランターづくりのワークショップも開催予定。
おいしいもの持参して、おまちしてます。
b0226744_18274421.jpg

[PR]
by soilseed | 2012-04-24 13:09 | 土種のこと

裸足んぼ畑 竹内農園

土を流出させないように。

宍粟市で野菜を育てている竹内さんが何度も言っていたことです。

竹内さんの畑は見ていてワクワクすることが多い。
いくつも手はかかるが土の状態を考え常に良くしていく方向へと向けていくことをいくつも試している。

b0226744_2211107.jpg


草だらけになって草に覆われてしまったら作物はちゃんと育てませんが、全く草のない状態を作るのがいいというわけではありません。
b0226744_22212475.jpg
菜花を取るための白菜

竹内さんはイタリアンライグラスを白菜や大根と共生させることで生育特に害虫の問題がなくなることを試してみて気づいたそうです。 大根、サイズは大きくはありませんが草むらのような中から出てきた大根の肌はキレイなツルツルの肌でした。

b0226744_22141685.jpg
イタリアンライグラスの根が大根に絡み付いている。


普通は栄養を取られるという理由から草を排除してしまいますが

「草がある程度あることで虫の食害を防げる様になるのかもしれない。でもイタリアンライグラスの種をまくタイミングについては考えないと」

と竹内さん

イタリアンライグラスとの共生以外にも刈草を集めて種撒きした上に被せて保湿したり、山へ落葉を集めに行ってそれで温床を作ったり、風防ぎの障壁に背の高い作物を周りに育てたり、
b0226744_22201591.jpg


時間がかかって手間もかかるけど、丁寧な仕事ぶり

昔のやり方が良いのはわかっているけど、なかなか今その手間をかけることよりも楽に店で買えるものをという風潮が強い中。自然の中にあるものを上手く使って地力を上げる。それがすぐに次の作物に大きな違いが現れるものではないですが、子どもと同じように土も育っていくもの。

生長していく土の状態を作っていくために必要なこと。
身の回りにあるものを使ってやっていく。

新しいことを色々と試していく竹内さんの畑は良い学びの場。
毎回行くのが楽しみです
b0226744_2255746.jpg


裸足んぼ畑 竹内農園

兵庫県宍粟市
[PR]
by soilseed | 2012-04-13 22:43 | 農家仲間


土づくりと種採り、100年先を考える農を。兵庫県は播磨のオーガニック野菜たちをみなさんにお届けします。


by soilseed

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
農家仲間
食の仲間
土種のこと
土のこと
種のこと
未分類

以前の記事

2013年 10月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧