相生 野瀬の干瓢

兵庫県は西播磨。相生市の沿岸部に「野瀬」という地域があります。

村の各家で巻き寿司などに使う干瓢(干瓢)を、それぞれが手前で育て、
70年代の最盛期には大阪・黒門市場に卸していたほどだったそうです。

干瓢は夕顔の実を薄く削って天日干ししたものを言います。
夏のお盆前くらいに収穫、剥いて加工します。

「とった実にツメを入れて、少し入るくらいがいちばんええ固さなんや」
と教えていただいたのは、西川功さん(81)。
野瀬の地で干瓢を何十年も作り続け、
輪切りにする庖丁や剥く機会など、道具も手前で作って揃えます。

西川さんの手の皺と、使い慣れた経年を感じる道具たち。
そして村でずっと取り続けている干瓢。

今年も種を採り、来年にむけてまた保管します。
永々とつづく、食文化の豊かさが感じられました。
b0226744_17565640.jpg
b0226744_1757495.jpg
b0226744_17572449.jpg


兵庫県相生市野瀬地区
[PR]
by soilseed | 2013-10-26 17:58


土づくりと種採り、100年先を考える農を。兵庫県は播磨のオーガニック野菜たちをみなさんにお届けします。


by soilseed

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
農家仲間
食の仲間
土種のこと
土のこと
種のこと
未分類

以前の記事

2013年 10月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 05月

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧